「シムシティ」の販売本数、発売から2週間で110万本以上に

本日、Electronic Artsが、都市開発シミュレーションゲーム「シムシティ」の販売本数が発売から2週間で110万本以上に達した事を発表しています。


この販売本数の約54%はダウンロード版とのことで、全プレーヤーの総プレイ時間は1500万時間以上に達しており、発売以来570万以上の都市が作られ、7億8000万以上の建物が建設されたそうです。

発売直後はサーバーの問題などがありましたが、売れ行きは好調のようです。


なお、Mac版は今春発売予定となっていますが、待ち遠しいですね。

【関連エントリ】
 ・シリーズ最新作『シムシティ』のMac版は今春発売へ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事