「Windows Blue」は「Windows 8」の廉価版で、7~8.9インチタブレットに最適化か?!

今夏リリース予定の「Windows Blue」では7~11.1インチのタブレットがサポートされると言われていますが、本日、PCMagが、「Windows Blue」は7~8.9インチのタブレットに最適化された「Windows 8」の廉価版との情報があると報じています。


現在、「Windows 8」搭載タブレットは499ドル以上の価格で販売されていますが、「Windows Blue」を搭載した7~8インチのタブレットの価格は199~349ドルになるようです。

また、「Windows Blue」のOEM向けのライセンス料は30ドルと言われており、従来の「Windows」のライセンス料である85~120ドルよりも安く設定される模様。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事