「次期iPad mini」はRetinaディスプレイ搭載で6月発表との噂

International Business Timesが、次期iPad miniは解像度が2048×1536ピクセルのRetinaディスプレイを搭載し、6月に発売されるとの噂があると報じています。

また、プロセッサにはデュアルコアのA7プロセッサを搭載し、1080pビデオカメラ、FaceTime HD カメラ、10時間のバッテリー駆動時間などが特徴となる模様。

更に、Appleは次期iPad miniにシャープのIGZOテクノロジーを採用してより薄くする事に取り組んでおり、他にもGoogleのNexus 7などに対抗する為にiPad miniの価格戦略を見直しているとの情報もあるそうです。

【関連エントリ】
 ・「次期iPad mini」は2013年第2四半期より生産が開始され、同第3四半期に発売か?!
 ・Retinaディスプレイを搭載した「次期iPad mini」の発売は今年後半か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。