「廉価版iPhone」は4インチディスプレイやプラスチック製筐体を採用し、カラーバリエーションは4〜6色に?!

Apple Insiderによると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、「廉価版iPhone」はガラス繊維が混ぜられた超薄型のプラスチック製筐体や4インチのディスプレイを採用するようだと報告しているそうです。

(image source:iLounge)


「廉価版iPhone」のプラスチック製筐体の厚みは、一般的なプラスチック筐体(0.7㎜〜1mm)よりも薄い0.4㎜〜0.6mmになり、iPodのように4〜6色のカラーラインナップが用意されるとのこと。

なお、Appleはこの強くて薄いプラスチック製筐体に関して、Jabil Circuit社の傘下で携帯端末等のケースや部品を手掛けるGreen Point社と契約を結んだと言われています。

【関連エントリ】
 ・アナリスト、「iPhone 5S」と「廉価版iPhone」の発売時期は7〜9月と予想
 ・「廉価版iPhone」は8月発売でディスプレイサイズは4.5インチに??
 ・廉価版iPhoneのプロセッサはシングルコアの「Snapdragon」で、今月中にも生産開始か?!
 ・Apple、2013年は「iPhone 5S」と「廉価版iPhone」の2種類を発売か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。