「OS X 10.8.3」へのアップデートで「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチ」のバッテリー駆動時間が改善か?!

本日、Appleより「OS X 10.8.3」が正式にリリースされましたが、the Mac Observerが、「OS X 10.8.3」へアップデートした後の「MacBook Pro」シリーズのバッテリー駆動時間に関する検証結果を公開しいています。

the Mac Observerの様々なテストの結果、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル (2012) 15インチ」は「OS X 10.8.3」へアップデートする事でバッテリー駆動時間が約20分増加し、「MacBook Pro」と「MacBook Air」の2011年モデルでは特に変化が無かった事が分かったそうです。


なお、このテストは本日「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル 15インチ」向けにリリースされたSMCアップデートの適用前に行われ、個体差もあると思うので、ご参考まで。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事