カンタス航空、機内エンターテイメントとして「iPad」の提供を開始

Apple Insiderによると、オーストラリアのカンタス航空が、シドニー/ホノルル便の全てのクラスの乗客に飛行中のアメニティとして「iPad」の提供を開始した事を発表したそうです。


Wi-Fiを利用した「Qストリーミング (Q Streaming)」によりエンターテイメント・プログラムを楽しむ事が可能で、音楽や映画、テレビ番組などを視聴可能となっており、今後の拡充によりゲーム、新聞、雑誌なども提供する予定とのこと。

【関連エントリ】
 ・カンタス航空、「iPad」を利用した機内ストリーミングサービスをテストへ(旧ブログ)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事