「iMac (Late 2009)」と「iMac (Mid 2010)」の一部モデルはRAMを最大32GBまで搭載可能

Vintage Computerによると、「iMac (Late 2009)」と「iMac (Mid 2010)」の一部モデルでは最大で32GBのメモリ(RAM)が搭載可能である事が確認出来たそうです。

(image source:VC社長日記)


Appleが発表している搭載可能な最大メモリは「iMac (Late 2009)」が16GB、「iMac (Mid 2010)」が24GBとなっていますが、両モデルとも32GBまで搭載可能とのこと。

ただ、両モデルとも下位モデルは公称通りの16GBと24GBしか搭載出来ないのでご注意を。

なお、詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。