タッチセンサーの不足が次期iPadシリーズの出荷台数に影響か?!

本日、DigiTimesが、業界筋の話として、日本写真印刷株式会社は生産能力不足から次期iPadと次期iPad mini向けに十分な量のタッチセンサーを供給出来ない可能性があり、両モデルの出荷台数に影響が出るかもしれないと報じています。


次期iPadは現行のiPad miniと同じ「GF2」薄膜技術を採用する事になっており、日本写真印刷は2013年第1四半期末までに生産能力を30%拡大する計画があるとの情報もあるそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事