「iWatch」は「iOS」を搭載し今年後半に発売予定

昨日、Bloombergが、Appleは早ければ年内に「iWatch」を発売する事を目指しているようだと報じていましたが、本日、The Vergeが、情報筋の話として、「iWatch」は「iOS」を搭載し、今年後半に発売する事を目標としているようだと報じています。

また、同プロジェクトはジョナサン・アイブ氏が主導しており、バッテリー駆動時間は4〜5日を目標としているものの、現在の「iWatch」の試作機のバッテリー駆動時間は最大2日となっているようです。

私自身もAndroidベースのスマートウォッチ「I’m Watch」を実際に使用した事がありますが、バッテリーが1日ももたなかった経験もあり、今後、スマートウォッチのバッテリー駆動時間をどう解決していくかが鍵となりそうです。

【関連エントリ】
 ・Apple、「iWatch」を早ければ年内に発売か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。