Apple、「iOS 6.1」でのExchangeのバグを次回のアップデートで修正へ

「iOS 6.1」ではExchangeのバグが報告されていますが、The Vergeによると、Appleがこのバグに関するサポートページを公開し、Microsoft Exchangeのアカウントを設定している際にカレンダー・イベントとの同期で過度のコミュニケーションアクセスが発生する問題を確認しており、今後のアップデートで修正する事を発表しています。

なお、Appleは同問題の対処法を公開しており、詳細は下記の通り。

 1,「設定」アプリのメール>連絡先>カレンダーへ
 2,Exchangeのアカウントを選択
 3,カレンダーのスイッチをオフにする
 4,10秒間待つ
 5,カレンダーのスイッチをオンにする

【関連エントリ】
 ・Microsoft、「iOS 6.1」でのExchangeのバグの対処法を公開
 ・「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなる問題の原因の一つは「Exchange」のバグ?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。