「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなる問題の原因の一つは「Exchange」のバグ?!

昨日に「iOS 6.1」へアップデートした一部ユーザーが「iPhone」のバッテリー駆動時間が短くなったと報告している事をお伝えしましたが、iDownload Blogによると、「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなる原因の一つとしてMicrosoft Exchangeにバグがある為ではないかとみられているようです。


その原因とは、Exchangeサーバーへの転送が無限ループに陥っている為で、解決方法としてはExchangeアカウントを一度削除し再設定する事だそうで、更に「iOS 6.1.1」がリリースされるまで会議出席依頼に応答してはいけないとのこと。

現在のところバッテリー問題の原因がExchange以外にもあるのかは不明で、これで完全に直るのかどうかも不明ですが、もしExchangeを使用していてバッテリー駆動時間が短くなったと思われる方は一度試してみては如何でしょうか。

【関連エントリ】
 ・一部のiPhoneユーザーが「iOS 6.1」でバッテリー駆動時間が短くなったと報告

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事