NYTに続き、WSJもAppleがスマホの一部機能を搭載した腕時計型デバイスの設計に取り組み中と報じる

今日未明にNew York TimesがAppleはカーブガラスを採用した「iWatch」を開発しているようだと報じている事をお伝えしましたが、その後、ウォールストリートジャーナルも、関係筋によると、Appleはスマートフォンの一部機能を備えた腕時計のような機器の設計に試験的に取り組んでいるようだと報じています。

(image source:ADR Studio)


関係筋の1人によると、Appleはスマホやタブレット端末を超えるより広範なカテゴリーに当てはまる製品の開発を模索しており、その一環として、腕時計のような機器について台湾の鴻海精密工業(Foxxcon)と協議しているとのことで、こうした背景には主に肉体的な活動の測定を目的とした、さまざまな装着可能な機器(NikeのFuelbandなど)が複数の企業から発表されていることがあるとのこと。

また、Appleはかねてより装着可能な機器の開発に取り組んでおり、センサーや関連技術の開発経験を有する人材を近年新たに雇い入れているそうです。

【関連エントリ】
 ・Apple、カーブガラスを採用したスマートウォッチ「iWatch」を開発中か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。