Appleのティム・クックCEOが訪中し、中国政府高官や米駐中大使と会談

TNWによると、現地時間の1月8日にAppleのティム・クック氏が訪中し、中国政府の工業情報化部(Ministry of Industry and Information Technology)のミャオ・ウェイ氏と同国のITおよびコミュニケーション産業の情勢を議論した事が分かったそうです。

(image source:MIIT)

クック氏とミャオ・ウェイ氏との会談の内容の詳細は不明で、訪中の正式な理由も不明ですが、同氏はアメリカ合衆国駐中国大使のゲーリー・ロック氏とも会談を行ったようです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事