Apple、シリアの内戦をテーマとしたiOSゲームをリジェクト

シリアでは内戦状態が続いていますが、Game the Newsが開発したシリアの内戦をテーマにしたiOSゲームアプリ「Endgame:Syria」をリジェクト(却下)していた事が分かりました。


ゲームの内容は、シリアで起こっている内戦を理解して解決させるゲームとなっており、リジェクトした理由はApp Storeのガイドライン(15.3)『ゲーム内における「敵」は、特定の人種・文化・実在の政府や企業、そのほかあらゆる実在の団体だけを指すものであってはならない。』に抵触する為とのこと。
(Endgame:Syriaのトレイラー)

なお、同ゲームはGoogle PlayでAndroid向けにもリリースされています。

(via.App Advice)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事