「OS X」のバージョン別シェア、「Mountain Lion」がリリースから5ヶ月でトップに

ウェブ解析会社のNet Applicationsのデータによると、2012年7月にリリースされた「OS X Mountain Lion」が「OS X」の中で最も人気のあるバージョンになった事が分かりました。

2012年12月の「OS X」のバージョン別のシェアは、「OS X Mountain Lion」が32%、「OS X Lion」が28%となり、「OS X Mountain Lion」がリリースから5ヶ月で1位になっています。

また、「OS X Snow Leopard」も依然として多くのユーザーに使用されており、12月末の時点のシェアは29%と「OS X」全体の中では「OS X Lion」を抜き2位となっています。

(via.MacRumors)

【関連エントリ】
 ・2012年12月のブラウザシェアやOSシェア

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。