Nokia、10インチのWindows RTタブレットの開発を再開か?! 2月のMWCで発表される可能性も…

DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーの話として、Nokiaは10インチのWindows RT搭載タブレットの開発を再開する為に、Microsoft、Qualcomm、Compal Electronicsの3社と協力に向け協議しており、2013年2月下旬にスペインのバルセロナで開催されるMWC 2013で発表される可能性があると報じています。


Nokiaは2012年第1四半期(1〜3月)にQualcommのS4プロセッサを搭載した10インチのWindows RT搭載タブレットを開発する予定だったものの、Microsoftが「Surface」を発表した事から同社はスマートフォンに集中する事を決め、タブレットの開発を延期した経緯があるそうです。

なお、同タブレットのODM生産はCompal Electronicsが請け負うようです。

【関連エントリ】
 ・Nokiaが「Windows RT」搭載タブレットを開発中
 ・Nokiaのチーフデザイナーがタブレットを開発中と明らかに

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事