「iOS 6.1 beta 3」での変更点

昨日にAppleが開発者に対し「iOS 6.1 beta 3」(Build 10B5117b)をリリースしましたが、Cult of Macが、「iOS 6.1 beta 3」で見つかった変更点をまとめています。


1,iCloudのセットアップ方法の変更

beta 3をインストールした後の最初の起動時に「iCloud」、「iMessage」、「FaceTime」の設定を完了する為にApple IDの入力が求められるように。


2,Passbookのサンプルカードの内容が新しく

Passbookのサンプルカードに記載されている文書の内容に若干の変更が加えられた。


3,Advertising Identifier(広告識別子)をリセットの機能が動作するように

beta 2まではタップしても何も起こらなかったものの、beta 3ではきちんと機能するようになっている。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事