Microsoft、「Windows Phone ストア」が新たに42の市場で利用可能になった事を発表

昨日付ですが、米Microsoftが、新たに42の国と地域の市場で「Windows Phone ストア」が利用可能になった事を発表しています。


新たに追加された国々は下記の通り。

アンゴラ、アルメニア、バーレーン、バングラデシュ、ベナン、ボリビア、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、チャド、コンゴ、ドミニカ共和国、エルサルバドル、ギニア、ハイチ、ホンジュラス、ケニア、リヒテンシュタイン、マダガスカル、マラウイ、マレーシア、マリ、モザンビーク、ニカラグア、ニジェール、パキスタン、パラグアイ、カタール、ルワンダ、セネガル、サウジアラビア、シエラレオネ共和国、ソマリア、タジキスタン、タンザニア、トーゴ、トルクメニスタン、アラブ首長国連邦、ウガンダ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ

これにより現在は世界の113の市場で「Windows Phone ストア」が利用可能とのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事