NTTドコモとMicrosoftが法人向けサービスで連携し、「Windows 8」搭載タブレットなどを販売へ

今日未明に11月1日にNTTドコモとMicrosoftが記者会見を行う予定である事が分かったことをお伝えしましたが、本日、日本経済新聞が、NTTドコモとMicrosoftは法人向けサービスで連携し、ドコモ独自の通信セキュリティー機能を組み合わせた「Windows 8」搭載タブレットやノートPCの販売を年内に開始するようだと報じています。


なお、タブレットなどのメーカー名は明らかにされておらず、「Surface」は当面扱われないとのこと。

また、端末には「Xi(クロッシィ)」や「FOMA(フォーマ)」など携帯電話回線をつけ、端末の紛失時に遠隔操作でデータを消去するセキュリティー機能や、利用者の使用履歴を一括管理できる仕組みなどの独自サービスが提供されるそうです。

(Thanks! じみぃさん)

【関連エントリ】
 ・11月1日にNTTドコモとMicrosoftが記者会見を開催か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事