Apple、「Mountain Lion」と「Lion」向けに「Safari 6.0.1」をリリース

本日、Appleより「OS X Mountain Lion」と「OS X Lion」向けに「Safari 6.0.1」がリリースされています。
(via.リンゴが好きでぃす♪さん)


「OS X Mountain Lion」向けの「Safari 6.0.1」は本日リリースされた「OS X 10.8.2」に含まれており、「OS X Lion」向けが「OS X 10.7.5」にアップデートした後にソフトウェアアップデート経由で入手可能とのこと。

なお、このアップデートでは以下の変更が加えられているそうです。

・スマート検索フィールドから別の検索エンジンが選択された時に、自動的に新しい検索結果を表示
・スマート検索フィールドが URL を検索語として認識してしまう問題を修正
・日本語を入力する際のスマート検索フィールドの精度を改善
・Google ドキュメントのスプレッドシートでスクロールや切り替えが出来ない問題を修正
・google.com の検索フィールドに以前の検索クエリーが表示されてしまう問題を修正

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事