台湾のサプライチェーンメーカー、13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルと次期iMacの部品の出荷を開始か?!

DigiTimesによると、台湾のサプライチェーンメーカーは、ホリデーシーズン前に発売される事になっている13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルと新しいiMac向けのコンポーネント(部品)を出荷し始めたようです。

13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの出荷はすぐに始まり、2,012年12月まで徐々に増加するとのこと。

次期iMacの出荷は当初2012年6月より開始される予定だったものの遅れ、試験生産が7月に開始されたようで、新しいiMacは21.5インチと27インチのモデルが用意されるようです。

また、Appleは当初エントリモデル、ミッドレンジモデル、ハイエンドモデルのiMacを発売する予定だったものの、エントリーモデルの開発を止めたとも情報筋は話しているそうです。

【関連エントリ】
 ・Appleのサプライチェーン、次期iMacと13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの大量出荷を開始か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。