Appleのサプライチェーン、次期iMacと13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの大量出荷を開始か?!

本日、DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleのサプライチェーンは9月に新しいiMacと13インチのMacBooke Pro Retinaディスプレイモデルの大量出荷を開始したようだと報じています。

まず、13インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルに関しては、欧米の新学期シーズンと年末シーズンをターゲットとしている事から、9月か10月に発売されると情報筋は予想しているそうです。

次に、新しいiMacについては、当初、アップグレードされたパネルとCPUを搭載した3つのモデルが発表される予定だったものの、パネルの生産歩留まりが低い事からハイエンドモデルの量産は延期されたそうです。

【関連エントリ】
 ・次期iMacの発表はまもなくか?!
 ・次期iMacのものと思われるベンチマークがまたまた登場
 ・次期iMacの登場が近い? 米国内の約半数のApple Storeで「iMac 27インチ」が在庫切れに
 ・【噂】次期iMacは今後2週間のうちに発表??

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。