「iPhone 5」のA6チップは「Cortex-A15」ベースのデュアルコアCPUを搭載か?!

EETimesによると、昨日に発表された「iPhone 5」に搭載されているA6チップは、デュアルコアの「Cortex-A15」ベースのCPUを搭載しているとみられているそうです。

まだ正式に確かめられた訳ではないものの、これが本当であれば「iPhone 5」は「Cortex-A15」を初めて採用したスマートフォンになるようで、Samsungの32nmのHKMGプロセスを使用して製造されているものとみられています。

また、GPUに関しては「iPad (第3世代)」と同じ「PowerVR SGX543MP4」が搭載されているものと予想されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。