iPhoneのカメラアプリの起動速度を改善する方法

iPhoneで純正のカメラアプリを起動したもののシャッター画面が表示されたままでなかなか撮影を開始出来ない現象に遭遇した事があるユーザーは多いと思いますが、本日、OS X Dailyが、カメラアプリの起動速度を改善する方法を公開しています。


その方法とは、カメラロールの全写真を削除する事だそうで、カメラロールに写真が多ければ多いほどカメラアプリの起動が遅くなる傾向があるようです。

なお、削除はiPhoneから可能ですが、PC/Macに繋いで写真を取り込んでから削除する方が速いし良いと思います。

個人的にはいつでもすぐに見れるように全て残しておく方で、カメラロールに保存しておく以外にクラウドストレージサービスなどを利用する方法もあるのですが、その方法では画像表示に時間が掛かる場合があり、全削除となるとある意味究極の選択になりますね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事