「Mountain Lion」でのバッテリー寿命低下問題はやはり2011年モデルに多い?!

先日よりMacObserverが、「OS X 10.7.4」と「OS X 10.8」と「OS X 10.8.1」でのバッテリー駆動時間の比較テストレポートを公開していますが、本日は、「MacBook Air (Mid 2011)」でバッテリー駆動時間の比較テストを行った結果を公開しています。

その結果が下記の通りで、「MacBook Pro 15インチ (Early 2011)」のテストと同じく、「OS X 10.8」では大幅にバッテリー駆動時間が減少しており、「OS X 10.8.1」で若干改善する結果となっています。

(image source:MacObserver)

なお、この問題は2011年モデルに多く発生している事がアンケートから明らかになっていますが、今回のテストでもその事を裏付けるような結果になりました。

もし、「MacBook Pro」や「MacBook Air」の2011年モデルでまだ「OS X 10.8」を使用している方は是非アップデートを。

【関連エントリ】
 ・「Mountain Lion」でのバッテリー寿命低下問題、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」は影響無し
 ・「OS X 10.8」でのバッテリー寿命低下問題、「OS X 10.8.1」で改善されるも「OS X 10.7.4」には及ばず
 ・「Mountain Lion」でのバッテリ寿命低下問題の報告数は2011年モデルに多い?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事