Apple、セルラー機能を搭載した「Apple Watch Series 3」を発表

本日、Appleが、新型「Apple Watch」こと「Apple Watch Series 3」を正式に発表しました。


「Apple Watch Series 3」はセルラー通信機能を搭載しており、「iPhone」がなくても単体で電話やデータ通信が可能で、電話番号は「iPhone」と同じ番号を使用し、SIMはeSIMを採用。

デュアルコアプロセッサを搭載し、パフォーマンスは70%向上した他、新たに「W2」ワイヤレスチップを搭載し、Wi-Fiは85%高速化、Bluetoothは電力効率が50%向上しています。

また、新しいバンドなども提供され、セラミックモデルはホワイトだけでなく、グレイモデルも用意され、バッテリー駆動時間は18時間。

セルラー対応モデルは399ドルから、セルラー非対応モデルは329ドルからとなっており、Series 1モデルも引き続き249ドルで販売されます。


予約は9月15日より開始し、9月22日に発売予定で、セルラー対応モデルは日本ではau、ソフトバンク、ドコモからも提供されます。

なお、「WatchOS 4」は9月19日に正式リリースとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で