「iPhone X」ではステータスバーのアクティビティインジケーターも新しく ー 「カメラ」アプリのUIも明らかに

昨日に流出した「iOS 11 GM」から様々な情報が明らかになり、次期「iPhone」シリーズの有機ELディスプレイ搭載モデルである「iPhone X」では分割ステータスバーが採用され、ステータスバーの表示方法が大幅に変更されることが分かっていますが、ビデオなどのメディアを読み込む際にステータスバーに新しいアクティビティインジケーターが表示されるようになる事が分かりました。



これを見つけたのは開発者のGuilherme Rambo‏氏(@_inside)で、アクティビティインジケーターが実際に動作している様子は下記のツイートの映像をご覧下さい。


また、同氏は「iPhone X」での「カメラ」アプリのユーザーインターフェイスの画像も公開しており、センサーやフロントカメラがある部分とホームボタンの代わりに表示されるホームインジケーターバーの為に、上下に余分なスペースが設けられています。
(サイズが正しくないのは「iPhone X」ではなく「iPhone 7 Plus」で無理矢理実行している為)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で