「iPhone 8」のUIは「iPad」のようなDockや細いバーが特徴に?? ー 新しいジェスチャーも

「iPhone 8」ではホームボタンが廃止されると言われていますが、本日、Bloombergが、ホームボタンが廃止される「iPhone 8」の新しいユーザーインターフェイスに関する情報を報じています。


上記のコンセプト画像を見ると分かり易いですが、「iPhone 8」では「iOS 11」を搭載した「iPad」と同じようなDockが画面下部に表示され、さらにその下に”細いバー”が表示されるようになるとのこと。

そして、ロック画面ではその細いバーを上にスワイプすることでロック解除が可能な他、アプリ起動中にバーを少しだけ上にスワイプするとマルチタスク画面が表示され、更にそのまま上にスワイプするとホーム画面が表示されるようになるそうです。

先日、「iOS 11」のベータ版のシステムファイル内に、未発表のジェスチャー操作のデモ映像が見つかったことをお伝えしましたが、マルチタスク画面の表示はこのデモ映像のような操作方法になるのかもしれません。


また、ステータスバーについては、分割ステータスバーが採用され、下記画像の通り、センサーや受話スピーカーを挟むようにして、左側に時計、右側に電波状況や電池残量が表示されるようになるとのこと。



[Photo by @stroughtonsmith

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で