次期「Apple TV」、4K/HDRに対応し9月のスペシャルイベントで発表へ

Bloombergが、Appleは9月に開催する発表イベントで、新型「iPhone」や新型「Apple Watch」などと共に4Kに対応した新型「Apple TV」を発表するようだと報じています。

新型「Apple TV」はより高解像度の4Kコンテンツをストリーミング出来るより高速なプロセッサを搭載し、HDR(High Dynamic Range)にも対応するとのこと。

また、Appleは映画スタジオとiTunes Storeでの4Kコンテンツの配信に向け協議を開始しているとも言われています。

次期「Apple TV」が4K/HDR対応で今秋発売されることについては、これまでのリーク情報からほぼ確実とみられており、9月から12月にかけてAppleの新製品が続々と登場することになりそうです。

5 COMMENTS

匿名

AppleがMiraCastに対応していれば全く不要の製品だねほんと

匿名

音楽もハイレゾ対応してくるかな
イヤホンをワイヤレス化したから対応が難しいけど

匿名

今までにiTunesで購入した映画を差額で4Kにしてもらえないかな。

匿名

少しでも世間に流行らす気があるなら1万以下で現行並みの性能のApple TV Stickとか出して欲しい

まる

確かに。
FireTVstickとか、安すぎ。
で、Amazonの会員だといっぱい見れるので、お得感がハンパない。
AppleTVは高すぎるし、コンテンツはほとんど有料。
タブレットやスマホで見る人が多いのに、4Kなんかいらない。

現在コメントは受け付けておりません。