次期「Apple Watch」のLTE対応モデルはeSIM採用 ー データ通信のみで音声通話には非対応か

次期「Apple Watch」はLTE通信に対応すると言われていますが、9To5Macによると、Apple関連の情報ではお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、次期「Apple Watch」のLTE通信対応モデルは通常のSIMカードではなく、eSIMを採用し、データ通信のみ利用可能になると予測している事が分かりました。


eSIMとは、SIMカードの抜き挿しが不要で、遠隔操作により契約者情報を書き込むことが出来る内蔵型のSIMカードで、次期「Apple Watch」はLTE通信に対応するものの、データ通信のみで、音声通話は利用出来ないと予想されています。

ただ、SkypeやFaceTimeのようなVoIPサービスは利用可能とみられています。

また、3G通信には対応せず、小型で低消費電力性能に優れるQualcommのベースバンドチップが採用されるものと予想されている他、Androidには引き続き対応しないものと予想されています。

なお、次期「Apple Watch」ではLTE通信に対応したモデルと非対応のモデルが用意され、サイズは現行モデルと同じ38㎜と42㎜が用意されるとみられています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で