「iPhone」のサプライチェーン各社、7月は軒並み好調 ー 次期「iPhone」は3モデルとも量産開始か

次期「iPhone」シリーズは来月の発売に向け、今月より量産が開始されたものとみられていますが、DigiTimesによると、「iPhone」向けに部品を供給しているメーカー各社は7月の売上げが軒並み増加している事が分かりました。


次期「iPhone」シリーズは有機ELディスプレイを搭載した「iPhone 8 Edition」、通常の液晶と搭載した「iPhone 8/8 Plus」の計3モデルになると言われていますが、情報筋によると、3モデル全てが量産に入った模様。

「iPhone」向けフレキシブルプリント基板を供給するZhen Ding Technology HoldingとFlexium Interconnecの2社は7月の売上高が約11~12%増加しており、それ以外の部品供給各社も7月の売上高は好調だったそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で