Apple、次期「iPhone SE」をやはり2018年1-3月に投入か ー 台湾Wistronが生産に向け準備を進めているとの情報

Focus Taiwanが、情報筋の話として、台湾のWistronが、インドの生産拠点を拡大し、次期「iPhone SE」を生産する準備を進めているようだと報じています。


Wistronは今年5月からインドで「iPhone SE」の生産を開始しているのですが、Appleは次期「iPhone SE」の生産についてWistronと契約をかわし、Wistronはカルタナカ州バンガロールにある工場に次期「iPhone SE」の生産ラインを追加する準備を進めているとのこと。

Wistronは今後5年間で同工場の生産能力を2〜3倍にすることを望んでおり、カルタナカ州の政府と土地の取得などで交渉中のようです。

次期「iPhone SE」は来年第1四半期(1〜3月)に出荷が開始されるものとみられており、他の市場に出荷する前にまずはインド国内で販売される予定とのこと。

なお、先日にも次期「iPhone SE」の事が報じられていましたが、次期「iPhone SE」は「iPhone 7」がベースになっているが、ディスプレイサイズは4〜4.2インチになるとみられている他、A10プロセッサ、2GBのRAM、ストレージは32GBと128GB、バッテリー容量は約1700mAh、1,200万画素のメインカメラ、500万画素のFaceTimeカメラ、iOS 11などが特徴になるとみられています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で