著名デザイナーが「iPhone 8」の最新の予想レンダリング画像を公開

未発表のApple製品などのコンセプト画像などでお馴染みのMartin Hajek氏が、最新の噂や情報をもとに作成した「iPhone 8」のレンダリング画像を公開しています。

「iPhone 8」ではカラーバリエーションが少ない可能性があると言われていますが、Martin Hajek氏はジェットブラック、ブラック、ローズゴールド、ゴールド、シルバーの5色のカラーモデルを想像したレンダリング画像を公開しています。


個人的にはローズゴールドモデルなどの背面がホワイトカラーになるのはデザイン的にちょっとおかしいと思う為、ローズゴールドモデルは背面もローズゴールドカラーといったように、側面から背面まで全て同じカラーリングになると予想しますが…。

なお、同氏のサイトでは上記以外にも複数の画像が掲載されている他、このレンダリング画像の3Dモデルがこちらからダウンロード可能(有料)です。

10 COMMENTS

匿名

何にせよ、ここ数年のiPhoneは見た目で大きなアップデートがなかったので、みんな期待して注目してるって事ですね。
在庫奪い合い合戦になることは間違えないが楽しみですね。

匿名

裏白はともかく新しい機種発表前はワクワクするね

匿名

ほんとに出るのかな、iPhone8。順当に行くと7sだし。来年なんじゃないかなあ?

S1R0NEG1

PRODUCT REDであって、ベゼルが黒のやつとか?

匿名

側面だけカラー違いはダサいと思います。iPhone 6 みたいに裏も側と同じカラーリングになる方がいい。

匿名

Apple Watch と同じセラミックホワイトをnewカラーで出して欲しいなぁ〜

現在コメントは受け付けておりません。