Adobe、「Flash」のサポートを2020年末で終了へ

本日、Adobeが、「Flash」の開発および提供を2020年末に終了することを発表しました。


「Flash Player」のアップデートと提供を2020年末に停止し、コンテンツの製作者に対してはそれまでに新しいオープンフォーマット(HTML5やWebGLなど)に移植するよう推奨していくことを案内しています。

なお、2020年末まではFlashのブラウザ・プラグインの配布とサポートは継続されますが、セキュリティー・アップデートを行うのみで新機能を追加する予定はないとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で