ソフトバンク、2018年1月末に1.7GHz帯3Gサービスの提供を終了することを改めて案内

本日、ソフトバンクが、1.7GHz帯の3Gサービスの提供を2018年1月末日(2月1日午前0時)をもって終了することを改めて案内しています。


1.7GHz帯の3Gサービスの提供終了は2015年12月に一度発表されていましたが、これは周波数の有効利用による安定した品質かつ快適な通信サービス提供のため、3Gサービスで利用していた1.5GHz帯と1.7GHz帯をLTEサービスで利用する為となっています。

これに伴い、1.7GHz帯の3Gサービス対応の対象機種で利用可能な一部料金プランは、サービスを終了または、サービスが変更となり、対象の機種を利用中のユーザーには、お得に機種変更出来るキャンペーンを実施中です。

また、東京メトロ地下駅および地下駅間においては、先行して2017年8月31日以降から、1.7GHz帯の3Gサービスを終了するとのこと。

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

 ・1.7GHz帯 3Gサービスの提供終了について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で