Google、「Google フォト」に「共有の候補」と「共有ライブラリ」という2つの新機能を追加

本日、Google Japanが、フォトストレージサービスの「Google フォト」に「共有の候補」と「共有ライブラリ」という2つの新機能を追加したことを発表しています。


まず「共有の候補」では、機械学習を使って共有する写真や動画と、共有する相手の候補を自動的におすすめしてくれるようになっており、「Google フォト」を開いて、画面の下にある共有中のタブを開くと候補が表示され、数回タップするだけで、簡単に必要な人と共有することが可能です。


次に「共有ライブラリ」は、子どもたちを撮った写真を、自動的にパートナーと共有したい、といった時に便利に使える機能で、設定からライブラリを共有する相手(例:パートナー)を一人選び、その後、ライブラリに追加したい写真に写っている人(例:子どもたち)を指定することで利用可能で、指定せずに撮影した写真全部をそのまま共有することも可能です。


なお、これらの機能はiOS版では先日のアップデートで利用可能になっており、Android版ウェブ版でも順次利用可能になるとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で