Apple、LG Displayの有機EL生産工場への投資を検討か

Appleの次期「iPhone」には有機ELディスプレイが搭載されると噂されていますが、The Investorによると、AppleはLG Displayの新しいOLED(有機EL)生産ラインに2〜3兆ウォン(約2,000億〜3,000億円)を投資するかもしれない事が分かりました。


投資時期や規模などの詳細はまだ確定していないものの、両社は投資計画に暫定的に合意しているとのこと。

現在のスマホ向け有機EL市場は、Samsung Displayが95%以上のシェアを占め、Samsung ElectronicsやAppleなどの限られた企業向けに有機ELディスプレイを供給しており、LG Displayや中国のBOEなどの他のディスプレイメーカーは有機EL製造を強化する為に全力を尽くしている状況となっています。

また、匿名の業界関係者によると、Samsung DisplayはAppleの厳しい品質基準を満たす唯一のメーカーで、LG DisplayはAppleの品質基準の約70%を満たすレベルと言われている他、AppleはLGの新工場「E6」に投資し、その工場は「iPhone」向け有機ELディスプレイの生産に専念すると噂されているそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で