Touch IDが本体背面にある「iPhone 8」のダミーユニットの写真

「iPhone 8」はベゼルレスになりディスプレイが大型化される事から、Touch IDはディスプレイに統合されるか、背面に移動するかもしれないといった情報が出回っていますが、Touch IDが背面に移動した「iPhone 8」のダミーユニット(模型)の写真が公開されました。


問題のダミーユニットは「iPhone 7s」よりも僅かに大きく、「iPhone 7 Plus」よりは僅かに小さくなっており、縦並びになったデュアルレンズカメラとTouch ID用と思われる背面の穴が特徴となっています。

また、このダミーユニットに合うケースも作成されており、その写真が下記画像となっています。


このダミーユニットは複数あると言われている試作機の1つをもとに製作したものと予想され、製品版でTouch IDが本当に背面に位置するのかはまだ分からないものの、Appleは1つの案としてTouch IDを背面に配置することを検討している可能性が高そうです。


[via MacG

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で