Apple、「iOS 10.3」を正式にリリース

本日、Appleが、「iOS 10.3」を正式にリリースしました。

ios10logo

今アップデートによる変更点は下記の通り。

【iPhoneを探す】
・AirPodsの現在の所在地または最後に確認された場所を見る事が可能に
・片方または両方のAirPodsから音を出して探し出しやすくする事が可能

【Siri】
・支払い用アプリを使用して、支払いを実行したり、請求書を確認したりすることに対応
・配車サービスアプリを利用して、配車の予約をすることに対応
・自動車メーカー製のアプリを利用して、車の燃料の残量確認、ドアのロック状況の確認、ライトの点灯、クラクションを鳴らしたりすることに対応
・インディアン・プレミアリーグと国際クリケット評議会によるクリケットのスコア及び各種記録に対応

【CarPlay】
・最後に使用したアプリに簡単にアクセス出来るショートカットをステータスバーに追加
・Apple Musicの再生中のスクリーンから”次はこちら”及び現在再生中の曲のアルバムへ移動が可能に
・Apple Musicの厳選されたプレイリストや新しいミュージックカテゴリが利用可能に

【その他の改善及び修正】
・iTunesで一度レンタルした映画はお使いのどのデバイスでも視聴が可能に
・Apple IDアカウントの情報、設定、およびデバイスが一覧出来る新しい設定画面
・”マップ”で現在の気温を3D Touchすると時間毎の天気を表示
・”マップ”で“駐車中車両”の検索に対応
・“カレンダー”に迷惑な参加依頼を削除しスパムとして報告する機能を追加
・“ホーム”でアクセサリのスイッチやボタンでシーンを起動することに対応
・“ホーム”でアクセサリのバッテリー残量確認に対応
・Podcastに、3D Touchの対応を追加し、“今日”のウィジェット表示で最近更新されたコンテンツにアクセスすることが可能
・Podcastのコンテンツおよびエピソードは“メッセージ”で共有可能になり、メッセージ上で再生が可能
・位置情報とプライバシーをリセットすると、“マップ”で現在地が表示されない問題を修正
・“電話”、Safari、“メール”でVoiceOverの安定性を改善

なお、アップデートはiTunes経由か、「iOS」の「設定>一般>ソフトウェアアップデート」より可能です。

9 COMMENTS

匿名

うーん?
革命的なファイルシステムを採用しましたとここぞとばかりに記載しそうだが
変更点にも含まれてないしもしかして見送られてる?
アップデート時間が異様に長いから多分それはないと思うが……

marr-to

こんにちは、時間どれくらいかかりました?

匿名

600MBの差分の場合5sで20分くらい?
いつもよりちょっと長い程度

匿名

PC(iTunes)の方からアップデートしましたが約18分程です。(2.75GBの.ipswファイルのダウンロード時間は含まず)

匿名

リリースノートにないのがちょっと気にかかる
たしかにエンドユーザーに知らせる必要はない裏側の変化だけどさ
本当にAPFSに書き換えられた証拠あるのかね
ベータ版では採用しても一般向けには見送りなんてこともあるし
外人の問い合わせ待ち

匿名

夜中に更新終わってしばらく経過したけど
多分APFSになってる、起動時間が10.2と10.3で5、6秒かそれ以上違う。
あと設定のストレージ容量の確認の時間が素早くなってるのもbetaの頃からの目立つ特徴だった。

匿名

iPad mini 4 128GB SIMフリー版ですが、
アップデート前と後では最大容量が増えました。
前は、121.99GB。
後では、124.48GB。
それぞれ初期化直後の状態です。
OSそのものは使用可能容量がそれぞれの値から2GB程度減っているので、
最大容量に含まれてないかと思われます。
ファイルシステムの変更で増えたのではないかと思います。

匿名

7 Plusの256GBですが
10.2.1の時は248.52GBでしたが
10.3では252.16GBになっています。

匿名

ありがたい情報です!
最大容量が増えたのは、miniだけでなく7Pもなんですね。
こうなると、ファイルシステムが変わったといってもおかしくありませんね。

現在コメントは受け付けておりません。