台湾TPK、「Apple Watch」向けタッチパネルの生産から撤退か ー 次期モデルは今年後半に発売との情報も

「Apple Watch」のタッチパネルは台湾のTPK Holdingが供給しており、初代「Apple Watch」向けタッチパネルではガラスとガラスを貼り合わせたG/G方式が採用され、「Apple Watch Series 2」ではガラス1枚型のTOL(Touch-on-Lens)方式が採用されていますが、DigiTimesによると、TPKが「Apple Watch」向けタッチパネルの生産から撤退するかもしれない事が分かりました。


業界筋によると、TPKはTOL方式のタッチパネルの生産歩留まりを改善することが出来ない事から、「Apple Watch」向けタッチパネルの生産を止めることを検討しているそうです。

TPKの2016年の業績は赤字が続いており、収益性の改善に向け、今年は有機ELディスプレイを搭載したスマホ向けの3Dセンサーベースのタッチパネルに注力することから、「Apple Watch」向けタッチパネルの生産を断念する予定とのこと。

このことから、Appleは2017年後半に出荷を開始する次期「Apple Watch」向けのタッチパネルには、TOL方式に代わり、フィルムセンサーを用いたG/Fタッチパネルを採用し、そのタッチパネルは台湾のGeneral Interface Solutionもしくは香港のBiel Crystal Manufactoryが生産するそうです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で