次期「iPhone」の有機EL搭載モデル、RAMは3GBで、ストレージ容量は64GBと256GBか

市場調査会社のTrendForceが、次期「iPhone」に関する最新の調査内容をまとめたレポートを公開し、ハイエンドモデルは5.8インチのディスプレイを搭載していると報じています。



5.8インチモデルは物理式ホームボタンが廃止され、ベゼルレスのデザインを採用し、ボディサイズは4.7インチの「iPhone 7」に近いサイズになる可能性があり、ディスプレイは生産歩留まりの問題や落下テストの結果から曲面ディスプレイは採用されず、現行の「iPhone 7」シリーズと同じラウンドエッジ加工が施された2.5Dガラスが採用されるとのこと。

また、RAMの容量は「iPhone 7 Plus」と同じ3GBで、ストレージ容量は64GBと256GBが用意され、顔認識や拡張現実(AR)機能を提供するための3Dセンシング技術が搭載されることも予想されています。

なお、上記のハイエンドモデル以外に、4.7インチと5.5インチの新型「iPhone」も用意されますが、こちらは有機ELではなく通常の液晶ディスプレイが引き続き搭載され、RAMの容量も「iPhone 7」シリーズと同じく4.7インチモデルが2GB、5.5インチモデルが3GBになるとのこと。



[via 9To5Mac]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で