Apple、公式サイトのフォントを「San Francisco」に変更

本日、Appleが、公式サイトに使用しているフォントを「San Francisco」フォントに変更しています。

skodkodk

「San Francisco」フォントはAppleが設計し、2014年に開発者向けに公開され、その後、「Apple Watch」で最初に採用され、2015年に「iOS」と「macOS」でも採用されています。

現時点で公式サイトのほとんどのフォントが「San Francisco」フォントに変更されていますが、一部ではまだ変更されていない箇所もあります。

[via 9To5Mac

2 COMMENTS

匿名

西洋英数字はプロポーショナルで当然だけど
なぜわざわざサンフランシスコ日本語の間詰め詰めプロポーショナルバージョンを作成して使用してるんだろうな
CJKはそのまま等幅バージョンのほうが印象いいのに
CSSで間詰めてるのかと思い調べてみたがWOFF自体から詰めてた
游ゴシックUI、メイリオUIを推すマイクロソフトといい、日本向け直販ストアapple.com/jpで文字間詰めたプロポーショナルフォント採用するアップルといいアメリカ人のセンスはほんとわからん

現在コメントは受け付けておりません。