Google、「Google 翻訳」が進化したことを発表 − ニューラルネットに基づく機械翻訳を導入

本日、Google Japanが、同社の翻訳サービス「Google 翻訳」にニューラルネットに基づく機械翻訳 (Neural Machine Translation) を導入し、さらに進化したことを発表しました。

Googletrans
今回、採用した新しいシステムでは、文章をパーツごとに翻訳するのではなく、一つの文として扱われ、文のコンテキストを把握することで、より正確な訳語の候補を見つけることができるようになり、その後、言葉の順番を変え調整することで、文法により正しく、人の言葉に近い翻訳が出来るようになるとのこと。

この新システムは、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、日本語、韓国語、トルコ語の計8言語を対象に本日より提供が開始され、将来的に、同サービスがすでに対応している103ヶ国語のすべてにこの新システムを展開していく予定とのこと。

 ・ニュースリリース


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200