オーストラリアで車内に放置した「iPhone 7」から発火し、車が炎上する事故が発生

先日、炎上問題から販売及び製造の終了が発表されたSamsungの「Galaxy Note 7」では、同製品の爆発から車が炎上する事故が発生した事が話題になりましたが、豪Yahoo!Newsによると、オーストラリアで「iPhone 7」でも同様の炎上事故が発生していた事が分かりました。

phone1
(燃えたiPhone 7 / Photo by Yahoo!News


この「iPhone 7」のユーザーはサーフィンのインストラクターをしている男性で、サーフィンのレッスンをしている最中、自身の車の中に「iPhone 7」を置いたままにしていたそうで、車に戻った時には「iPhone 7」から発火し、車内には煙が充満していたそうです。

なお、炎上した「iPhone 7」は1週間前に購入したものだそうで、落としたり、非純正の充電器を使用した実績はないと述べており、Appleはこの件について調査中とのこと。

炎上した際の詳しい状況は不明ですが、炎天下の車内に放置したことにより本体温度が上昇し、バッテリーが発火した可能性高そうです。


phonecar
(燃えてしまった車内 / Photo by Yahoo!News



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200