オーストラリアで車内に放置した「iPhone 7」から発火し、車が炎上する事故が発生

先日、炎上問題から販売及び製造の終了が発表されたSamsungの「Galaxy Note 7」では、同製品の爆発から車が炎上する事故が発生した事が話題になりましたが、豪Yahoo!Newsによると、オーストラリアで「iPhone 7」でも同様の炎上事故が発生していた事が分かりました。

phone1

(燃えたiPhone 7 / Photo by Yahoo!News

この「iPhone 7」のユーザーはサーフィンのインストラクターをしている男性で、サーフィンのレッスンをしている最中、自身の車の中に「iPhone 7」を置いたままにしていたそうで、車に戻った時には「iPhone 7」から発火し、車内には煙が充満していたそうです。

なお、炎上した「iPhone 7」は1週間前に購入したものだそうで、落としたり、非純正の充電器を使用した実績はないと述べており、Appleはこの件について調査中とのこと。

炎上した際の詳しい状況は不明ですが、炎天下の車内に放置したことにより本体温度が上昇し、バッテリーが発火した可能性高そうです。

phonecar

(燃えてしまった車内 / Photo by Yahoo!News

11 COMMENTS

匿名

最近のオーストラリアの気温なんて30度近いのに車内放置とか爆発するに決まってる
流石にこれをiPhoneの所為にするのはマヌケ

匿名

狙って出てきてる
作為が感じられる
大事にしろよ
自分のiPhoneだろ

匿名

Appleのサイトにも、最適な範囲は16°C〜22°Cです。特に重要なのは、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことです。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるからです。って記載されてるけどな。

匿名

多少荒く扱っただけで爆発してはダメだと思う。

匿名

多少?
国内のiPhoneユーザーが多いこの国で、この症状出てます??
私も使い方は荒い方かもしれませんが、一度も爆発してませんが?

Jacqueline

そのうち
「ライター、スプレー缶、スマートフォンは
炎天下の車に放置しないで下さい」という
警告文が一般的になったりするんですかねぇ?

現在コメントは受け付けておりません。