次期「Magic Keyboard」はe-Inkディスプレイ搭載で、キー配列などを自由にカスタマイズ可能に??

iDownload Blogによると、中国の清華大学で働くFoxconninsiderと名乗る人物が、Redditにて、AppleはSonderというスタートアップ企業と協力し、e-Ink(電子ペーパー)ディスプレイを搭載した次世代の「Magic Keyboard」を開発していると報告している事が分かりました。


keyshot-render-v01-20160528-cropped

Foxconnのイベントでその試作機が披露されたようで、試作機を撮影することは出来なかったようですが、Sonder社は既に同様のキーボードを発表しており、同社の技術のデモ映像が下記動画で、e-Inkディスプレイを利用することで利用環境やアプリなどによりキー配列を自由に変更することが可能なようです。



また、次世代「Magic Keyboard」だけでなく、新しい「MacBook」向けのキーボードモジュールの試作機も一緒に披露されたそうです。

なお、同技術が最終的に採用されるのかはまだ不明ですが、次世代「Magic Keyboard」は2018年に発売されるものとみられています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で