【UPDATE】「iPhone 7 Plus」のベンチマークスコアが流出か - 「A10」チップは2.4GHzのデュアルコアで、RAMは3GBに??

「iPhone 7」シリーズには「A10」チップが搭載されるものとみられており、パフォーマンスが向上するものと予想されていますが、本日、「iPhone 7 Plus」のものとされるGeekBenchのベンチマークスコアが明らかになりました。

efc9c1391e9e235.jpg_600x600
上記画像がそのベンチマーク結果の詳細画面を撮影した写真で、これが本物かどうかは不明なものの、モデルナンバーは「iPhone9,2」となっており、「iPhone 7 Plus」のものである事が予想されます。

また、CPUの仕様は動作周波数が2.37GHz(2.4GHz)のデュアルコアプロセッサで、RAMは3GBである事が分かります。

ちなみに「iPhone 6s Plus」の「A9」チップは、動作周波数が1.85GHzで、RAMは2GBとなっています。

ベンチマークスコアは、「iPhone 6s Plus」がシングルコアが2500~2550、マルチコアが4300~4400なのに対し、「iPhone 7 Plus」とみられるデバイスのスコアはシングルコアが3548、マルチコアが6430と、40~50%向上しています。

ただ、画像を加工しただけのフェイクである可能性もありますので、話半分で捉えておいた方が良さそうです。

【UPDATE】
その後、Geekbenchの運営元であるPrimate LabsのJohn Poole氏が、このベンチマーク結果は偽物であると述べている事が分かりました。


[via MyDrivers

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で