Googleが独自に開発中と噂のスマートウォッチのレンダリング画像

先日、Googleが、「Android Wear」を搭載した独自ブランドのスマートウォッチを開発しているとの噂を紹介しましたが、その事を報じていたAndroid Policeが、情報をもとに作成した同スマートウォッチのレンダリング画像を公開しました。


ap_resize

Googleのスマートウォッチは2モデルが開発されていると言われており、コードネームは「Angelfish」と「Swordfish」で、上記画像の大きい方(左)が「Angelfish」、小さい方(右)が「Swordfish」で、このデザインはあくまで開発段階のものである事から、正式発表時には変更されている可能性があるとのこと。

なお、両モデルの情報をまとめたものが下記の通りです。

Angelfish

・円形ディスプレイ
・直径は43.5㎜
・厚みは14㎜
・LTE通信対応
・GPS
・心拍センサー
・側面に3つのボタンを搭載
・Google Assistantを統合
・スポーティーなデザイン
・カラーはチタン/マットなダークグレイ

Swordfish

・円形ディスプレイ
・直径は42㎜
・厚みは10.6㎜
・Google Assistantを統合
・側面にボタンを1つ搭載(竜頭のようなもの)
・滑らかな外観デザイン
・カラーはシルバー/チタン/ローズゴールド


nexus2cee_gems2_thumb-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で