「Android One」搭載スマホが国内でも発売へ - シャープ製の「507SH」が7月下旬に発売予定

本日、Google Japanが、日本でも「Android One」を搭載したスマートフォンを発売する事を発表しました。

anone
「Android One」は、各国のパートナーとGoogleが協力し、その国のニーズにあった高品質なハードウェアと、Googleが考えるAndroid体験を実現するソフトウェアを兼ね揃えたスマートフォンを開発するプログラムで、常に最新のAndroid OSを利用できるほか、最新のセキュリティー機能が自動アップデートで毎月提供されるため、セキュリティー面の心配をせずに安心して利用することが可能となっています。

また、「Google 音声検索」や「Google マップ」「YouTube」といった頻繁に利用されるGoogleの標準アプリケーションを中心に、必要とされるアプリケーションだけを搭載しているため、従来のスマートフォンに比べて分かりやすく、使いやすいのが特長です。

日本初の「Android One」搭載スマホはシャープの「507SH」で、Y!mobileが同端末を7月下旬に発売する事を発表しています。

「507SH」は5.0インチ(1,280×720ドット)のIGZOディスプレイ、8コアプロセッサ(1.5GHz×4 + 1.2GHz×4)のMSM8952、2GBのRAM、16GBの内部ストレージ、3,010mAhのバッテリーを搭載しています。

なお、「507SH」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で