Apple、「App Store」の刷新を発表 ー 「検索広告」の導入や「サブスクリプション」の強化など

本日、Appleが開発者に対し、App Storeの刷新に関する情報を公開しました。

Appstore-icon-1
Appleは3つの観点からApp Storeに改善を加える予定で、1つ目はアプリ審査の改善となっており、新作やアップデートをあわせると毎週10万本近いアプリの審査を行わねばならず、これまでは通常1週間の期間を用していたが、審査のプロセスの見直しや最適化、審査ツールの改善、スタッフの見直しなどにより、現在では提出されたアプリの50%は24時間以内、90%は48時間以内に審査を終えているとのこと。


2つ目は「サブスクリプション(月額課金)」の強化で、これまでは収益の70%が開発者に、30%がAppleに入る配分となっていましたが、2年目以降はその配分が85:15へと変更される他、カテゴリ制限の撤廃や国単位で価格設定を個別に設定可能になるなどの変更も行われます。

3つ目は「検索広告」の導入で、「iOS」の次期バージョンからはApp Storeでキーワード検索をすると、検索結果の一番上に「広告」であることを明示した青文字のラベルを伴ってアプリ名が表示されるようになるとのこと。

「検索広告」のサービスは、今夏にリリースされる次期「iOS」のパブリックベータ版で試験運用され、試験運用中の広告出稿料は無料となっており、次期「iOS」の正式リリースと同時にまずは米国で展開が開始されます。


[via ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で