Google、各種アプリを「スター・ウォーズ」仕様に変更出来る機能を提供開始

本日、Googleが、日本でも12月18日に封切られる「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開を記念し、Gmail、Google マップ、YouTube、Chromeなど、多数のGoogleアプリのユーザーインターフェイスなどを「スター・ウォーズ」仕様に変更出来る機能を公開しました。

SS 2015-11-23 18.37.26
対象のアプリは、Android Wear、Chrome、Chromecast、Gmail、Inbox by Gmail、Google カレンダー、Google マップ、Google Now、Google 検索、Google 翻訳、Waze、YouTubeで、Chrome、Gmail、YouTubeについてはパソコン版のみエクスペリエンスを変更可能です。

変更方法はこちらの特設サイトにアクセスし、ライトサイドかダークサイドか好きな方を選択するだけとなっており、各種アプリが選んだサイドに変わっていく仕組みで、これまでに分かっている変更点は下記の通り。

・GmailとChromecastではスター・ウォーズをテーマにした背景に
・Googleカレンダーでは複数のスター・ウォーズ関連のイベントが追加される
・GoogleマップではXウイングが現在地を示すアイコンに
・「Star Wars」アプリをダウンロードするとAndroid Wearにスター・ウォーズのウォッチフェイスが追加される
・Chromeで新しいタブを開くと、スター・ウォーズをテーマにした壁紙が表示される


なお、これはほんの始まりにすぎず、今日から映画公開までの間、他にもたくさんの仕掛けが準備されている他、「イースター エッグ」もいくつか隠されているようなので、捜してみては如何でしょうか。

また、通常に戻したい場合などの方法や様々な疑問に対する回答をまとめたFAQも公開されています。



 ・スター・ウォーズ ファンの皆さんへ – Google

[via 9 to 5 Google

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で